ぽけてん

オタクシグナル

勝負の話。

 

f:id:aoiroma:20180816183322j:plain


 

アイドルに選挙は付き物ですよね。人気総選挙。個人的にアイドルの選挙ってあまり好きではありませんでした。だって野球やサッカーみたいな得点を競うスポーツならまだしも、アイドル一人一人に優劣をつけるってそれ意味あるのって感じるから。それぞれに個性があって、それぞれに魅力がある。他人と比較するものでもないし、そもそも比較できないものですよね。自分の推しが1位を取って嬉しいって感情もよくわからない。1番人気があります、だから何?

 

だからラブライブという大会の存在そのものに違和感をずっと感じていました。けれど、その違和感を考えすぎるとラブライブというコンテンツ自体を嫌いになってしまいそうな気がしていたのであえて目を逸らしていました。

 

 

ラブライブサンシャイン112話。千歌は聖良に問いました、「ラブライブ、勝ちたいですか?」と。千歌はラブライブで勝つためにスクールアイドルを始めたわけではない。輝きたいと思ったからこそスクールアイドルを始めたのだ。他者と比べることに意味はない、自分らしくいることが、自分だけの輝きを放つことが大事なのだ。こういう方向性で話を進めるのかぁと、ラブライブサンシャイン1期を観終えた後に思ったのを覚えています。

 

この予想はある意味外れました。なんというかラブライブサンシャインって思っていた以上に奥深いというか、自分の安直な予想をどんどん上回っていく感じが爽快でしたね。

 

ラブライブサンシャイン212話。聖良は千歌に問いました、「勝ちたいですか?誰のためのラブライブですか?」と。千歌は悩みます。今一度、自分と向き合わなくてはならなくなりました。「輝きたい」と「浦の星女学院の名を刻む」という別々の動機ががラブライブ優勝に繋がっているのが、千歌の頭の中をごちゃらせたのかなと思います。私の頭の中もごちゃりました。

 

勝ちたいかどうか、千歌はメンバーに問います。全員、「勝ちたい」と答えました。このシーンでの着眼点は2つあると思います。1つ目。勝ちたい理由はそれぞれ違う。それぞれの思いを持ちながらメンバー全員が1つの同じ方向を見ているところが素敵です。2つ目。誰かのためではなく、自分のためにラブライブ決勝に臨んでいる。誰のためでもなく、自分が楽しむため、自分の誇りのため、決勝に臨む。「浦の星女学院の名を刻む」という生徒の思いは勿論背負ってますが、1番大事なのは自分の本当にやりたいこと。千歌の迷いが払拭されました。

 

演出として面白いなと感じたのは、他のスクールアイドルにスポットを当て、その上でAqoursに「勝ちたい」

と言わせた点です。ラブライブという大会は厳しい勝負の世界です。その勝負の世界で楽しむんだとメンバーそれぞれが口にするシーンが印象的です。そして気づきました。勝負の世界って本来楽しいものだなって。

 

大人になると人と競う機会って減りますよね。振り返ると中学校、高校の頃って何かと競っていた気がします。運動会、合唱祭、マラソン大会、球技祭、文化祭の出し物(選挙で優秀賞を決めるみたいな)、テストの点数などなど。こういうイベントを振り返ると、確かに誰かと競うことは熱くなれるし、楽しいものだなと改めて思い出しました。そう考えると、誰かと競う機会が用意されてる中学校、高校時代ってなんか良いですよね。大人になると自分で参加しない限りそんな機会ないですから。

 

誰かと競うということは、挑戦・努力を行い、より高みを目指すこと。

 

さて、冒頭の話に戻りましょう。アイドルはそれぞれ個性があってそこに優劣をつけることに意味がないと私は言いました。けれど、競う機会があるからこそ、自分の理想を掲げ、自分を磨き、高みを目指す。より良いものを作り上げる。それは楽しいことであり、ラブライブ的に言うならばそれが輝きなのです。その輝きを創出する機会となるのが、アイドル総選挙であり、ラブライブという大会なのでしょう。

 

キリがいいのでここらで記事を終わらせてもいいのですが、もうちょい続けます。ただこれ以降はラブライブの根幹からずれた話になるので読んで気分を害する人もいるかもしれないので、ご注意!笑

 

ラブライブで勝ちたい。この道で良かったんだって証明したい。精一杯全力でスクールアイドルをやりたい」梨子の台詞です。結構凄いこと言ってますよね。自分が正しいと証明するために勝ちたい。やっぱりね、そうなんですよ。自分を肯定する為には勝たなくてはならない。ラブライブという大会において勝者は1グループだけ。他は敗者。千歌は輝きの正体を知った。それはラブライブで優秀できたからこそですよ。輝きの正体を知るにはラブライブ優勝は必要条件だった。本気で頑張った末に負けたら普通に悔しいだけだし、負けた後に清々した、楽しかったなんて言えないよね。

 

まぁ負けたら全て無意味になるわけではないし、結果が全てとは言いません。2期第8,9話もありますし。

 

貪欲に勝ちを目指すことは大事ですよ。1期のsaint snowみたいに。もしラブライブサンシャインを見て自分も輝きを見つけたいと思ったならあのくらい自分にストイックであるべきなのでしょう。

 

 

 

人生に勝ちたいなぁ