ぽけてん

オタクシグナル

感想

たとえそれがエゴだとしても-重力ピエロ-

初めて伊坂幸太郎の重力ピエロを読んだのは10年も前のことになる。なかなかの年月が流れた。10年前の自分は10年後の未来なんて全く想像していなかった。初めて本作を読んでから今までに何回再読しただろうか。結構読み返したような気もするし、そうでないよ…

「ケムリクサ」 感想

自分は"好き"に正直であるだろうか。 赤虫が闊歩し、常に危険と隣り合わせ。刻々と減る水。 ただ意外にも姉妹達はそこまで悲観的ではなかった。心を荒ませてはいなかった。何故か。それは自分の"好き"を持っていたからだ。 姉妹はそれぞれ自分の"好き"を語る…

「続・終物語」 感想

キラキラ光ってる 気がした思い出 そばにあって触れられない 鏡の国みたい

映画「若おかみは小学生」 感想

おっこ…